スキンケア おすすめ

スキンケア おすすめ

お肌の大敵と言われている「紫外線」そもそも、紫外線とは一体どんなものなのでしょうか。どのくらい浴びてしまうとお肌に悪影響になるのでしょうか。
ここでは紫外線について、詳しく説明していきます。
紫外線と一言にいっても、良い紫外線と悪い紫外線があるのです。
良い紫外線は上手く利用し、悪い紫外線はしっかりと対策しましょう。

 

紫外線と並ぶ美白の最大の敵、「メラニン」。
メラニンとは一体どんなもので、どのようにしてシミやそばかすになってしまうのでしょうか。
ここでは、メラニンについての仕組みや、メラニンが出来てしまう原因について詳しく解説していきます。
しっかりとメラニンについて理解し、ちゃんとケアをしていきましょう。

 

紫外線、メラニンの他にも美白・美肌を脅かす敵はたくさんいます。
ここでは美白・美肌にどんな敵がいるのか、それらの敵はお肌にとってどんな害を及ぼすのか。
ここでは、そんな美肌に害を及ぼす敵について詳しく説明していきたいと思います。
ここを読んで、是非あなたの日常生活を見直して見て下さい。
日々の生活の中でも知らない間にお肌に良くない刺激を与えているかもしれませんよ。

 

美白・美肌になるためにはしっかりとケアが必要です。
でも、そんな事言っても一体どんなケアアイテムが良いのか分からない…
そんな人の為にここでは美肌・美白に効果抜群のケアアイテムをご紹介したいと思います。
多くの方から口コミを寄せられ、人気が高い商品ばかりですので、是非自分の肌に合ったケア用品を探す参考にして見て下さい。

 

気をつけているつもりでも、肌は常に紫外線の影響を受けています。夏場に日焼けしすぎてしまったり、年齢とともにくすみが目立ち始めた肌を若々しく、健康的な肌に近付けるために必要なことはどのような習慣でしょうか?

 

食べ物や飲み物、スキンケア用品など、総合的に美白に関する情報をお届けします。

 

プラセンタについて

 

人や動物の胎盤から、細胞分裂を促進する成分などを抽出したものをプラセンタと呼びます。(胎盤そのものをプラセンタと呼ぶこともあります)

 

プラセンタは、古くなったり傷ついたりした細胞の細胞分裂を促進する働きがあるとされ、美白効果や美肌効果にも注目されています。

 

 

 

ドラッグストアのコスメコーナーをのぞいてみると、「美白」という文字が溢れています。 美白効果のある化粧品がこれほど多くあるのに、ホントに美白効果にみんな満足しているのかな。 そんな疑問がふと湧いてくることありませんか?

 

 

美白の意味というのは、肌を白く美しく見せること。 ざっくり言えばそうなんですが、
白く見せるようにする「行為」そのものも「美白」という意味なんですって。

 

 

 

だから美白化粧品は山のようにあるわけです。
美白効果のある成分の中には、厚生労働省が美白効果を認可した成分と、民間企業が独自に美白効果を研究した成分があります。

 

「医薬部外品」とか「薬用」と表示されているのは厚生労働省が認可している成分を使用しているものです。

 

 

国の機関が美白効果を認めるということは、肌にトラブルを引き起こす危険が少なくて美白効果が期待できることなので、 美白効果を求めて化粧品を選ぶ時の基準になるといってもいいでしょう。

 

 

 

ただ、美白効果を求めて各メーカーは日々研究を重ねているので、認可されていない成分の中にも美白効果の高いものは沢山あります。そこが美白化粧品が世の中に溢れかえることに繋がっているのかも知れませんね^^;

 

 

 

参考までに、厚生労働省が認可している美白成分をご紹介します。

 

 

 

『ビタミンC誘導体』

 

ビタミンCというのは、美白効果の他にも肌に与える効果がとても幅広いビタミンですが、 性質が変化しやすいという欠点があります。 ビタミンCが、安定するように開発されたのがビタミンC誘導体です。

 

 

『アルブチン』

 

アルブチンというのはαアルブチンというものとβアルブチンというものがあります。 もともと化粧品に利用されていたのはβアルブチンですが、αアルブチンの方が美白成分としては広く認知されてきました。 一般的にアルブチンと呼ばれるものはβアルブチンのことです。

 

 

 

『コウジ酸』

 

お味噌やお醤油など、発酵食品に欠かせない麹菌から発見された成分です。 メラニン色素が構成される時にチロシナーゼという酵素が働くので、その酵素の働きを抑える効果があります。 日本人には昔からなじみの深いものなので、安全性の高い美白成分として長年利用されています。

 

 

 

『エラグ酸』

 

果物のイチゴの中から抽出された成分で、メラニン合成の際に働くチロシナーゼ酵素の活性化を抑える効果があります。 口にできる果物から抽出される成分なので、肌への負担が少ないのに反して美白効果は非常に高いと言われています。

 

 

 

『ルシノール』

 

この美白成分は、ある化粧品メーカーの研究の上に開発された成分です。 モミの木の樹皮に含まれている成分をもとにして開発された成分です。 肌に浸透しやすいという特長があり、メラニンの合成に必要なチロシナーゼの働きを防ぐ効果があります。

 

 

 

『リノール酸S』

 

リノール酸というと、食用油としてもお馴染の紅花油から抽出された成分のことです。 そのままでは、美白効果はないのですが、リノール酸Sという成分に開発されたことで、メラニンの合成に必要な チロシナーゼ酵素を分解する効果があります。

 

 

 

『カモミラET』

 

カモミールというハーブに含まれる美白成分です。 シミのもとになるメラニンを作り出すメラノサイトへの情報伝達を阻止する効果があります。

 

 

 

『トラネキサム酸』

 

もともとは抗炎症の目的で使用されていた医薬品です。 炎症抑制の効果以外に、色素沈着を改善する効果があります。

 

 

 

『プラセンタ』

 

胎盤から抽出されるエキスのことです。 プラセンタには新陳代謝を促進する効果があります。
シミのもとになるメラニンを含んだ古い角質が排出されやすくなるようにターンオーバーを整えます。

 

 

これらが一般的に良く知られている認可されている美白成分です。
これらの他にも、各化粧品メーカーが開発した美白成分が認可されているので、どんどん増えていくでしょう。